赤信号は警察が居なければ進め?!ベトナムの交通ルール

ベトナムで生活するにあたってとにかく気をつけていただきたいのが交通ルールについてです。

 

日本ではバイクの台数もそんなに多くないのですが、ベトナムではほとんどの方がバイクで通勤通学をしていたり、日常の足として使っていますから道路がバイクで埋め尽くされてしまうという状態も決して珍しくはありません。

 

バイクに乗っている方がすべて運転免許証を取得しているとは限りませんし、交通ルールも守っていない方が非常に多いのです。

 

日本と同じような感覚で道路を渡ったりすれば、交通事故に遭ってしまう可能性も考えられますから十分に注意してください。

 

ベトナムでの就職・転職をするにあたって、会社に通勤する際にご自身でもバイクを運転するというケースも出てくるかもしれません。

 

普通、赤信号ならば必ず「止まれ」なのですが、ベトナムではこうしたルールさえ厳密に守られておらず、赤信号でも交通量が少なければ堂々と交差点に進入してくるケースが多いのです。

 

ベトナム人の中では、青信号は進め、黄信号は注意して進め、そして赤信号は警察官はいなければ進め、というような驚くような考え方を持っている方が多いのです。

 

赤信号だからといって止まっていると後から思い切りクラクションを鳴らされたり、急ブレーキをかければ後ろから追突されてしまうこともあるでしょう。

 

慣れてくると大体ベトナムでの運転の仕方が分かってくるのですが最初は日本人にとっては非常に怖いかと思います。決して無理をせずに、スピードを出さずに運転するということが大切です。