ベトナムの朝は早い、始業・終業時間も早い。慣れますか?

日本では、会社の始業時間はそれぞれの企業によって違いがありますし、フレックスタイム制だったりすれば、かなりゆっくりと仕事を始めるので朝はわりと遅くまで寝ている…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ただ、ベトナムでの就職や転職を考えているのであれば、なかなかそういったわけにはいきません。ベトナム人の朝はとても早いのです。

 

ベトナムの会社の始業時間は、大体朝8時からということが多くなっていますので、支度をして朝ごはんを食べて、通勤して…と逆算すると、日本での生活よりもかなり早起きにシフトチェンジしなくてはならない方も多いでしょう。

 

朝が早いとご飯を食べる時間がないのでは?と思うかも知れませんが、朝ごはんはほとんど路上の屋台で済ませる方が多く、屋台でサッと食べてしまったり、袋に入れてもらって適当に食べながら出社したり、といったスタイルが現地では一般的です。

 

ベトナム人だからといってみんながみんな朝が強い人ばかりかと言ったら決してそういうことではありませんので、朝は早いというのがベトナムの習慣であると頭に入れておいた方が良いでしょう。

 

その代わり、終業時間も早く、17時や17時30分まで、といった会社が多く見られます。

 

ベトナム人は日本人のように夜中まで残業するような習慣はありませんから、定時には仕事を終わらせてすぐに帰宅する方がほとんどです。

 

そのため問題なく朝も早く起きられるのかもしれません。